2024年6月2日に行われました、県民総体兼国体選手選考会の開催結果を掲載します。

開催結果

成年男子三段以下の部

順位的中数氏名所属称号段位
17宮川 晃弥神栖*参段
27荒木 道備勝田*参段
37梅澤 英利日製(日立)*弐段
46萩谷 直人稲敷市*弐段
56安田 智哉北総*弐段

成年女子三段以下の部

順位的中数氏名所属称号段位
15鈴木 明美水戸射友会*参段
24有田 更紗龍ヶ崎*弐段
34三浦 彩加茨城大学*初段

成年男子四段以上の部

順位的中数氏名所属称号段位
17松尾 一郎つくば*五段
27平原 勝己美野里*五段
37石井 利男友部*四段
46増尾 裕次稲敷市*五段
56飯沼 幸一水戸桜川*四段

成年女子四段以上の部

順位的中数氏名所属称号段位
17大森 絵鈴藤代*五段
27石井 恵理子友部*四段
36菅原 智子日立市中央*五段
46島崎 かおる堀原*五段
56畠山 明子水戸*四段

称号受有者男子の部

順位的中数氏名所属称号段位
18白井 一也水戸桜川錬士六段
27山口 純蒼藤会錬士六段
37大貫 冨士男水戸桜川教士六段

称号受有者女子の部

順位的中数氏名所属称号段位
17吉村 静華堀原錬士六段
25古田土 百合子土浦亀城錬士五段
35瀬端 裕子下館錬士五段

講評

相談役 橋本眞也先生(範士八段)

 入賞者の皆さん、おめでとうございます。

 これからお話することは、ここに残られた方々には、理解できていることかと思いますが、お帰りになって、仲間の方々にお伝えしていただければ幸いです。

 今日の競技のような立射における本座の取り方についてですが、本座は射位の二歩手前が原則です。本座に立つと、弓の末弭は射位の線に乗ります。前の射手が射位にいる場合は、本座の一歩手前で待つことになり、射位に前の射手がいなくなってから、一歩踏み出し、本座を取ります。ここで揖をして、二歩進み、その流れで足踏みをします。この段取りを正確に実行していただきたいと思います。

 四つ矢立射の場合、足踏み後、一手を右手に残して別の一手を下に置きます。この場合、矢尻が自分の真正面に来るように置きます。一手を射終わり、残した一手を取る場合は、弓の末弭を床に付けても構いません。

 通常の場合はしないことですが、今日のように、弦巻を射場に持って入るように指示された場合、矢を置くのに合わせて弦巻も床の上に置きます。四つ矢を射終わった後は、足踏みを閉じる前に、弦巻を取り上げて胴造りの姿勢になり、習いのごとく退場をするのがよいと思います。

 さて、射技に関して気付いたことは、弓止りが非常に不安定であるということです。弓止りとは、残身における弓手と弓が停止する様子のことです。手の内の稽古として、弓構え、大三、会などにおける形や働きに関心を持つのは誰しもかと思いますが、残身における手の内をどうすればよいかを考えたことはあるでしょうか。残身における弓の角度、その弓を支える手の内をきちんと知っておくことが必要です。どの指のどの骨と弓のどの角が突き合わされて弓止りを安定化させるかをあらかじめ稽古しておかなければなりません。

 以上述べましたことを、ご自分の稽古道場に持ち帰り、仲間の皆さんと実践的な稽古をして欲しいと思います。